文科相に意見交換提案=大相撲組員観戦で―国家公安委員長(時事通信)

 大相撲の親方の便宜で暴力団幹部が観戦していたとされる問題に関し、中井洽国家公安委員長は28日の閣議後記者会見で、日本相撲協会の監督官庁である文部科学省の川端達夫大臣に対し、同省と警察庁の担当者を交えた意見交換を提案したことを明らかにした。
 中井国家公安委員長は、事件捜査や暴力団排除を進める警察と文科省は「立場が違う」と強調。その上で「相撲協会の問題について認識を共有する。(問題が)たび重なるので、両大臣で相撲界の知識の交換も含めていろんなことをやっていきたい」と話した。 

【関連ニュース】
日証協に暴力団情報提供=株式市場から排除支援へ
大手ゼネコンに暴排条項指示=「一方的な契約解除」盛り込む
歌舞伎座建て替えに介入許すな=暴力団排除協議会が発足
北九州市を警察庁長官が視察=市長と会談、捜査員激励
工藤会本部を捜索=ビル発砲、関与の疑い

<刑務官暴行>「国は賠償請求可能」 間接的な責任言及(毎日新聞)
新任研修、4割の介護職員「受けていない」(医療介護CBニュース)
父子家庭にも児童扶養手当…改正法が成立(読売新聞)
小沢氏「言う必要ない」 静岡県連への活動費支給停止(産経新聞)
5月なのに汗だく 都内で今年最高気温29.4度を記録(産経新聞)
[PR]
by kmhaz0n98v | 2010-05-29 06:13


<< 道路にロープ張られ、そこへバイ... 三セク元所長逮捕へ=回数券着服... >>