シカに矢、死なせた疑いで男逮捕へ=春日大社でボーガンか−奈良県警(時事通信)

 奈良公園の春日大社(奈良市春日野町)で先月、矢が刺さったシカが見つかり、その後死んだ事件で、奈良県警生活環境課などは13日までに、三重県在住の30代の飲食店経営の男が矢を撃った疑いが強まったとして、文化財保護法違反容疑で逮捕状を取った。同日中にも逮捕する方針。同課は男の自宅の家宅捜索に着手した。
 捜査関係者などによると、男は先月12日夜から13日未明、春日大社の境内で、ボーガンのような金属製の矢(長さ約52センチ)でシカを撃ち、死なせた疑いが疑いが持たれている。 

【関連ニュース】
矢刺さったシカ死ぬ=肺を貫通
春日大社に矢刺さったシカ=ボーガンか、腹貫通
高校生、ボーガン撃たれけが=傷害容疑で男を逮捕
反捕鯨団体、破損の妨害船を放棄か=ボーガンの矢を回収

生徒自殺後すぐ原因調査を 対応マニュアル、小中高に配布 文科省(産経新聞)
啓発セミナー参加の男性死亡=賠償請求、遺族が提訴−大阪地裁(時事通信)
<名張毒ぶどう酒事件>84歳の奥西死刑囚「後がない」(毎日新聞)
【教育】「好奇心」より「空気読む」のを優先? 親と子の意識調査(産経新聞)
ガムのシミNO! 豊島で運始(産経新聞)
[PR]
by kmhaz0n98v | 2010-04-13 23:17


<< 訪問13回も「懐に飛び込めず」... 山崎直子飛行士 巨大コンテナ取... >>