イルカ漁隠し撮り米映画、画像修整して公開へ(読売新聞)

 和歌山県太地町のイルカ漁を隠し撮りした米国のドキュメンタリー映画「ザ・コーヴ」が、同町や地元漁協の要請を考慮した画像修整などを行って公開されることが、5日分かった。

 映画配給会社アンプラグドによると、昨年10月の東京国際映画祭で上映後、同町・漁協関係者から、漁民らの肖像権を侵害する恐れがあり、内容にも事実誤認があるとの指摘があった。

 そのため、イルカ漁の場面で漁民らの顔にぼかしを入れるとともに、映画の最後に「イルカ肉から2000ppmの水銀値が検出されたとあるが、イルカ肉すべてが高い値であるとは限らない」「イルカ肉を鯨肉として偽装販売しているという表現があるが、太地町は、水産庁の調査でもそのような事実はないと反論している」などと字幕を入れた。

 同社は「太地町への個人攻撃ではなく、問題提起が目的なので、修整を施した」と話している。

タイでも指輪窃盗認める=「カジノで借金」と説明−東京で強盗容疑の男、捜査当局(時事通信)
卒業式も「一緒に」…豪雨死亡の中3生、友人らに卒業証書(産経新聞)
<H氏賞>中国人の田原さんの詩集「石の記憶」に(毎日新聞)
芸能プロ社長に有罪=3億円脱税−東京地裁(時事通信)
<10年度予算案>衆院本会議で可決 年度内成立が確定(毎日新聞)
[PR]
by kmhaz0n98v | 2010-03-11 20:36


<< 局長級が定期協議=分野別「ホッ... 女性に乱暴、男に懲役6年=「性... >>